他の視点を学ぶ

上司の指示で異業種交流会に参加しなくてはならないといった人もいることでしょう。

異業種交流会については同業者だけではなく、他の業界の人も多いため緊張すると思っている人も少なくありません。

緊張するのは当たり前のことです。

慣れていない人たちと接するのは誰でも緊張感があるものです。

ではどういったコミュニケーションを図ればいいのか、この点についても知りたいところですよね。

コミュニケーションですが、まずはさりげない話題から入っていくといいでしょう。

また最終的に「この人と話があうな」と感じる人は、相手もそう思っている可能性も高いです。

まれに相手に合わせているだけの人もいますが、波長があるあわないは普通の大人であれば理解できる点です。

異業種交流会ですが他の視点を学ぶ場としてぜひとも活用したい場となっています。

他の視点を学ぶことでさらに自分が飛躍できる可能性もあるわけです。

他の視点を学ぶ上でその分野に関する本を1冊読むなど相手に寄り添う努力をすることも大事なポイントです。

これでさらに相手にとっても自分にとっても、会話が花開く可能性が高まります。

異業種交流会についてはこのようにメリットも高いのでぜひとも参加したいところです。

接点を持つこと

みなさんは「接点」について考えたことはあるでしょうか。

いつもいる友人とは共通の趣味や学校などのカテゴリーで接点があることと思います。

家族についても血のつながりなど接点があります。

ではそうではない人と接点を持つためにはどうしたらいいのかというと、接点を自ら作り上げることが大事です。

接点についてはきっとなんらかしらあるはずです。

ただしそれを気長に待っているのではなく、自分からすすんで作ることがポイントです。

例えば同じ会合に出たり、趣味を聞いてみるといったことからスタートしてもいいでしょう。

天気の話からはじまってもいいわけです。

もしかしたら天気の話から、ニュースの話題で共通事項がでるかもしれません。

このように相手との接点を探ることも接点を持つきっかけとなるわけです。

異業種の人と知り合いになりたいといった場合は、異業種交流会に出てみるといった手もあります。

異業種交流会は出会いの場です。普段関わることのない業種の人と関係を持つ絶好のチャンスであり、ぜひとも出てみたい場となっています。

異業種の人と触れ合うことで学べる点はきっとあるはずです。

またそうした場ではコミュニケーションについても観察してみましょう。

同業者についてはどうしても話がかたよりがちですが、異業種の人たちとは違うコミュニケーションからスタートすることも少なくありません。

参考サイト≪http://e-venz.com/≫

違う業種の人たち

お互い知っている同士や心をわって話せる者同士については気兼ねなく話しをすることができるかと思いますが、そうではない人と話す際は、緊張するといった人も多いのではないでしょうか。

特に「沈黙が苦手」といった人はどういった形で会話を展開するか、その点についても目を向けていることと思います。

異業種交流会については違う業種の人たちと話す絶好の場です。

同じ業種の人と話すほうが、話の内容があうといった人が多いと思いますが、違う業種の人と話をすることで新鮮味もあるでしょうし、また新たな発見につながる可能性もあります。

異業種交流会ではそうしたことも目的の1つとなっており、自らすすんで交流の場を持とうという人も少なくありません。

違う業種の人から見て大事なことは、自分は魅力的だと感じるかどうかといったことも1つのポイントとなります。

興味がないと会話についてもあまりはずまない可能性があるためです。

ではどうしたらいいのかというと、最低限のコミュニケーション能力はつけておきましょう。

例えば相手が入退出する際さっとドアをあけるとか、何か飲み物をもって行くなどです。

些細なことがきっかけで会話ができる可能性があります。

こうした場を作るのも1つのテクニックです。

異業種交流会について

「異業種交流会」という言葉を耳にしたことがあることと思います。

企業単位でそうした団体に入っているケースもあることでしょう。

異業種交流会とは名前どおり、異業種間での交流となっているわけですがどういった形で交流が行われているのか、その点にも注目したいところです。

異業種交流会ですが、視野を広げたりビジネスでなんらかの接点は持てないかという点から入っていくケースが多いようです。

ビジネスについても常に模索したり、時間に余力があるときは他社を見ることは大事なことといえます。

異業種交流会をきっかけに仲間の輪が広がったり、仕事が増えたというケースも多々あります。

こうした報告例も多いことからぜひともビジネスの場としても活用したいところです。

仕事については思わぬ転機が訪れることもあります。

ある日急にやってくるケースもあれば、地道な努力でようやく転機が来たというケースも多いわけです。

交流についてには正直苦手といった人もいることでしょう。

社交的な人は比較的いやではないかもしれませんが、非社交的な人にとって多くの中にいるのは苦痛なことと思います。

特に人見知りがはげしい人は、余計にそう感じることでしょう。

コミュニケーションについては自分で研究したり、修正する必要があります。

あの人はすばらしいコミュニケーションだったと思うときは、それをまねるのも1つの対策方法です。

コミュニケーションが良くなることで売り上げにも貢献できるケースが多々あります。