違う業種の人たち

お互い知っている同士や心をわって話せる者同士については気兼ねなく話しをすることができるかと思いますが、そうではない人と話す際は、緊張するといった人も多いのではないでしょうか。

特に「沈黙が苦手」といった人はどういった形で会話を展開するか、その点についても目を向けていることと思います。

異業種交流会については違う業種の人たちと話す絶好の場です。

同じ業種の人と話すほうが、話の内容があうといった人が多いと思いますが、違う業種の人と話をすることで新鮮味もあるでしょうし、また新たな発見につながる可能性もあります。

異業種交流会ではそうしたことも目的の1つとなっており、自らすすんで交流の場を持とうという人も少なくありません。

違う業種の人から見て大事なことは、自分は魅力的だと感じるかどうかといったことも1つのポイントとなります。

興味がないと会話についてもあまりはずまない可能性があるためです。

ではどうしたらいいのかというと、最低限のコミュニケーション能力はつけておきましょう。

例えば相手が入退出する際さっとドアをあけるとか、何か飲み物をもって行くなどです。

些細なことがきっかけで会話ができる可能性があります。

こうした場を作るのも1つのテクニックです。